ワークマンで十分満足

ワークマンのウエアでアウトドア

ワークマンの防寒手袋

 

ワークマンの手袋はかなりの種類があります。

 

手袋と言えば寒さから手を守るだけではありません。

 

手を怪我から保護するためとか
滑り止めに使うとかの用途がありますね。

 

実は私は手袋大好き人間です。

 

逆に言うと出来るだけ素手では触りたくないほどです。

 

運転するときは真夏でも滑り止めのために手袋を付けています。
手袋を付けない状態でハンドルを握るのが怖いのです。

 

自分自身が乾燥肌ということもありハンドルが滑るのではないか
という不安があるのです。

 

ワークマンの毛糸素材で5本指出し99円を愛用しています。
手の甲側にはゴムのポチポチが付いています。

 

安いので3双用意して車のグローブボックスに入れています。
グローブボックスはまさに手袋を入れる箱ですからね。

 

車を2台持ちしていた時はそれそれの車に
2双づつ用意していました。

 

忘れやすい性格なので玄関のカギを締めて
車に乗り込み手袋を忘れたことに気ずくことが
何度もあったからです。

 

 

運転以外にも釣りをするときは必ず手袋を履きます。
素手で魚に触りたくないというのもありますが
道具をしっかり掴めるというのもあります。

 

冬場に室内でパソコンを触る時も
5本指出し手袋を履いています。

 

手が冷たくならないようにするためです。

 

作業するときも勿論適した作業手袋を使い分けます。

 

そんなこんなで作業用の手袋を
含めると自宅に何双あるかわからない位です。

 

ワークマンには作業手袋は当然ですが
かなりの種類が用意されています。

 

最近では作業とは関係ない
ライダーに防寒手袋が人気になっています。

 

高級なライダー手袋は指の部分がわずかに
内側を向いた形で仕上げられています。

 

それは、人間の手の力を抜いた形が
緩やかに内側に曲がっている状態だからです。

 

指先が真っ直ぐに伸びた真っ平な形だと
その形状を維持するのに疲労がたまるからです。

 

ライダーは長時間グリップを握り続けています。

 

なのでグリップを握った形に近い形の
手袋が手の疲労が少ないのです。

 

このワークマンの手袋にはそこまでの配慮は
されているとは思いませんが暖かそうな
防寒防水手袋です。

 

 

ワークマンの店舗へ行って手袋を試着してみました。

 

 

ワークマンの安価な防寒手袋

 

ワークマンの1000円もしない割安な防寒手袋です。

 

指の部分がわずかに内側に自然の形で湾曲しています。
なのでバイクや自転車のグリップを握るのには適していると思います。
このわずかな湾曲が長時間の握力の疲れを和らげてくれます。

 

また、防寒だけではなく防水にもなっていますので
秋冬春と3シーズン通して使えます。
滑り止めなので雨の日も安心です。

 

そして裏地は肌触りがやわらかなマイクロフリースなので
着用した瞬間の温かさが心地しいです。

 

バイクや自転車だけではなく
ジョギングやウォーキングににも一つあると
助かりますね。

 

指が湾曲してるとはいえ車の長時間運転には適さないと思います。
しかし、冬の運転運転開始時にはいいかも知れません。

 

ある程度走行して車内が温まったら脱ぐか
5本指出し手袋と履き替えるという選択もありだと思います。

 

 

 

 

ワークマンの店舗へ行って手袋を試着してみました。
裏地は肌触りがやわらかなマイクロフリースなので
想像どうり手を入れた瞬間温かくて肌触りも抜群でした。

 

握り込んでみるとやや硬い感じはしましたが
この厚さを確保しているので当然かなと思いました。

 

 

スノーエリア袖付き防寒手袋

 

 

ワークマンのスノーエリア袖付き防寒手袋です。

 

袖口から冷気や雪などの侵入を防いでくれます。

 

ただし、防水ではないので雨の日には
気を付けてください。

 

私は雪国ではないので雪が降っているとき外で
雪に降られたら雨と同じように濡れてしまう。

 

そう思っていましたが、北海道の親戚の話では
氷点下で降る雪は衣服に降り積もってもすぐには
溶けないのだそうです。

 

なので衣服に降り積もった雪はホコリを払うように
振り払えば濡れることはないのだそうです。

 

私は経験したことはありません。

 

年に一回雪が積もるか積もらないか
位の地域に住んでいます。

 

たとえ雪が積もっても翌日の
太陽でお昼には日影を除いて
ほとんど溶けてしまいます。

 

 

なので防水でない手袋は
雨や雪で濡れると考えています。

 

しかし、防水スプレーを吹き付けて
簡易撥水仕様にするのもアリかなと思います。

 

通勤・通学・ジョギング・散歩などに
いいのではないでしょうか。

関連ページ

ワークマンの滑り止め手袋
最近ワークマンのウエアにはまっています。今まではエベレストに登山するようなアウトドアウエアを身に着けてアウトドアしてましたがワークマンで十分満足です。