ワークマンで十分満足

ワークマンのウエアでアウトドア

防寒靴

 

真冬の季節、ちょっとしたお出かけなどには
この防寒靴がよさそうですね。

 

内側にフリースが貼られているので履いた時の
冷たさ感がないですね。

 

靴底から4センチまでは防水というのもありがたいですね。

 

どうしても水たまりを避けて通れないときなどには
4センチ未満の水たまりならゆっくりと通れば
靴に水が浸み込んでくることはない。

 

4センチ以上の水たまりが普通の道路にある
ということは豪雨や台風時に限定されるでしょう。

 

4センチ以上の水たまりやぬかるみだったらゴム製の
長靴の出番となりますね。

 

真冬は台風などがないため4センチ以上の
水たまりができることは普通は考えにくいですね。

 

 

また、防波堤などからの冬の釣りにもいいんじゃないか
と思います。

 

防波堤は普通平面的なコンクリートです。

 

ただし、波しぶきなどでときどき水たまりが
出来ていることがあります。

 

そんなときも安心して歩くことができますね。

 

 

ワークマンで十分満足

防寒長靴

 

 

ワークマンの防寒長靴です。

 

なぜ暖かいかといいますと

 

内側にフリースを貼っている。
発砲ゴム仕様で冷気が入りにくい。

 

この2点です。

 

ちょっとした釣りに履いていくのにちょうどいいですね。

 

釣具店で売っている長靴は
なかり値段が高いんです。

 

スパイクブーツなどは3万円台くらいするのもあります。

 

磯釣りなどはスパイクタイプでないと危険なので
このワークマンの長靴は使えませんね。

 

防波堤や砂浜などにはこの
ワークマンの防寒靴で十分でしょう。

 

厚手の靴下を履くならワンサイズ
大き目の物を選ぶといいですね。

 

勿論防寒ブーツなので
夏は暑くて足が蒸れてしまうから使えない。
寒い時期限定で使用してください。

 

 

 

 

防寒長靴ショート

 

ワークマンの防寒長靴ショート

 

ワークマンの防寒長靴ショートタイプです。

 

普通の長靴の場合膝付近までの長さがあります。
水に浸かる場合やぬかるみなどには丁度いいのですが
長くて重いため歩きにくいという短所もあります。

 

普通の長靴までは必要ないという場合は
ショートタイプが便利です。

 

普通の膝まである長靴と
靴底から4センチまでの防水がある普通の靴との
ちょうど中間に位置するタイプですね。

 

歩きやすさはある程度保ちある程度の深さの
防水も兼ねている。

 

考えかたによってはどちらつかずで中途半端な
サイズなのかも知れませんね。

 

ちょっとした雨の日のお出かけなんかには
ちょうどいいかも知れません。