ワークマンで十分満足

ワークマンのウエアでアウトドア

安全靴スニーカータイプ

 

ワークマンのスニーカータイプの安全靴

 

私はこの安全靴を買いました。

 

安全靴とはいえ軽いので普通の
スニーカーとしてウォーキングにも使っていました。

 

実は2足目です。

 

一足目は作業現場で履き替えて使っていたのを
忘れてきてしまいました。

 

数日後現場の下駄箱を探しましたが
ありませんでした・・・ トホホ・・・

 

まだ新しかったのに・・・・

 

 

この靴は安全靴ですからつま先に
鋼製の補強板が入っています。

 

工具などを足の上に落下させたときには
つま先を守ってくれます。

 

またメッシュ構造なので蒸れを軽減してくれます。

 

センターにゴムが入っているので
脱ぎ履きがしやすいのでありがたいです。

 

靴べらなしでそのままつま先から足を突っ込んで
もかかと部分が折れずに履くことができます。

 

私は現場の室内上履きとして主に使っています。
室内で畳の部屋などに入るとき脱ぎますが
廊下に出るときはまた履きます。

 

いわゆるスリッパ代わりに使っているのですが
スリッパだと一日中歩き回ると疲れてしまいます。

 

脱ぎ履きのしやすさはスリッパにはかないませんが
疲れ方は全然違います。

 

汚れてきたら屋外の作業現場で使う予定です。

 


軽い安全靴

 

 

ワークマンのスニーカータイプの安全靴

 

厳密に言えばJIS規格対応の安全靴ではないと表記されています。
なのでJIS規格対応の安全靴でないと入れない作業現場では
使うことができません。

 

しかし、そんな厳密な現場以外での使用は問題ないでしょう。

 

それなりの保護材がつま先に入っていますので
ちょっとした工具をつま先に落としたという場合は
問題ないでしょう。

 

また、満員の電車内でハイヒールのかかとで
つま先を踏まれたという場合も大丈夫でしょう。

 

軽いというのが特徴なのでスニーカー感覚で使えます。

 

普段はスニーカー代わりに履いていても
いざというときは頼りになる安全靴です。

 


オーソドックスな長靴

 

 

ワークマンのごくごく普通の長靴

 

どこにでもあるような黒い長靴です。
特に防寒タイプになっているとか
特別な素材で作られているという
タイプではありません。

 

普通に足元を濡らさないために履く長靴です。
つま先に芯は入っていません。

 

ですから安全靴ではありません。

 

カラーバリエーションはありません。
黒のみです。

 

サイズは6種類あるので普通の
日本人なら大丈夫でしょう。

 

ただ、値段が780円と格安です。

 

長持ちするとは思えませんが
取りあえず行事とかなんかで長靴が必要という場合には
安いので使い捨てに近い感覚で購入できます。

 

 


鉄心入り長靴

 

ワークマンの鉄心入り安全長靴

 

つま先に鉄製の保護カバーが内蔵されていますので
鉄製の道具などをつま先に落下させたときなどには
安心です。

 

それ以外の特徴としては

 

耐油性に優れている

 

一体成型なので継ぎ目などからの
水の侵入の心配が少ない

 

などです。

 

油が床にある環境にオススメです。

 

 


関連ページ

作業着 上下
ワークマンの本業は作業着
作業着 上
ワークマンの本業は作業着
作業着 下
ワークマンの本業は作業着