ワークマンで十分満足

ワークマンのウエアでアウトドア

気軽な防寒着

 

ワークマンの気軽に着られる防寒着。

 

特徴はなんといっても裏地がアルミ仕様であること。
これにより体温を内側に反射して暖かさを逃がさない。

 

値段も安くて暖かい。

 

私はこのタイプのズボンを購入していたが
軽くて暖かくてストレット性に優れており気にいっていた。

 

しかし、Mサイズだったこともあり家内にとられてしまった。
Lサイズを買おうとしたら売り切れてしまっていた。

 

実店舗で2回ほど探したが残っていたのは
デカいサイズや超ド派手なオレンジ色のみだった。
人気商品だから早い者勝ちである。
来年に期待するしかない。

 

裏アルミではないが有名スポーツメーカの
よく似たタイプの防寒ズボンを持っている。

 

値段は1万円台半ばだったと記憶している。
防寒機能だけで防水・撥水機能は付いていない。
しかし、履き比べてハッキリとワークマンの方が
暖かくて動きやすった。

 

ワークマンのこのズボンは値段は有名スポーツメーカー
と比較して1/8であった。

 

 

軽くて暖かくてストレット性に優れているのだが
雨を通さない防水性とか汗を外に逃がす透湿性
といった高機能はない。

 

なのでアウトドアでの厳しい気象条件の場合は
これ一つではダメである。

 

厳しい気象条件でなければ釣りや
屋外でのスポーツ観戦などには頼りになる。

 

冬の通勤通学にもいいと思う。

 

また、屋内で着て暖房費を節約するというのも
いいのではないかと思う。

 

私はズボンを屋内着としてスタートしていた。
そしてちょっとくたびれてきたら冬の屋外作業
や畑仕事に使うつもりでいたのだけど。

 

 

 

 


気軽でない防寒着

 

ワークマンのツナギの防寒着

 

ツナギのメリットはなんと言っても
腰付近からの冷気の進入がない
ということですね。

 

私はツナギタイプは着たことがありません。

 

なぜかといいますと

 

用便がしにくいと思えるからです。

 

小はいいとして大の時にはとても不便だと
思えるからです。

 

でもツナギを愛用している友人などは
暖かさが違うのでツナギは止められない
と言います。

 

 

このワークマンのイージスシリーズは
バイカーでかなり人気が高いので
品薄状態が続いているようです。

 

しかし、耐水圧/10,000oなので
バイカーにはオススメできないと
注意書きがありました。

 

完全防水だとうたっているけどイマイチですね。

 

完全防水なら耐水圧/15,000o以上は欲しいところです。

 

しかし、値段が一万円をはるかに下回る7,800円ですから
本降りではない雨とか短時間だけとかの場合は
十分雨をしのいでくれるでしょう。

 

耐水圧が高いほど値段も高くなりますからね。

 

私の場合は雨が強い場合はそもそも外で
行動しないことにしています。

 

なので耐水圧/10,000oもあれば十分間に合います。

 

 

 


 

 

もこもこの防寒着

 

ネーミングにダウンというワードがみられるが
おそらく天然のダウンは使っていないと思います。

 

綿でもこもこになっていると思いますね。

 

防寒着として外出時には重宝します。

 

しかし、防水機能はありません。

 

なので寒さ対策として使うといいでしょう。
中綿がもこもこと入っていますので
かなりの断熱効果があります。

 

また動きやすく肩に補強が入っているのも
大きな特徴の一つです。

 

雨の時は傘をさすという条件では
気楽に着れますね。

 

値段が2,900円と安いのも魅力です。

 

もう少し明るい色のバリエーションも
あればいいのにと思います。

 

 

 


裏アルミの防寒着

 

ワークマンの裏地がアルミの防寒着
何度も紹介させていただきました。

 

この裏アルミが予想外に暖かいので大人気です。
裏地がアルミなので冷たい印象がするのですが
どうしてどうしてこれが暖かい。

 

体から放出されて逃げてしまう体温を
アルミで体の内側に反射して熱を逃がさない。

 

という仕組みなんですが
どこからこんなアイデアが出てきたのでしょうかね。

 

そこそこのデザインでもあるので
このまま街中に出かけて行ってもなんら
違和感ありませんね。

 

値段も4900円と安いし
カラーバリエーションも4色あるので
冬は気軽に着られると思いますね。

 

ただし、防水機能は付いてないので
雨が心配な時は傘を持つとかの
対策が必要ですね。

 

お申し込みはコチラ

 

防水機能ありの防寒着

 

ワークマンの簡易防水機能つきの防寒着です。

 

比較的軽いので気軽に着られます。
(軽量1290g)

 

防水機能が付いているといっても
耐水圧10.000mmですから
バイク走行などで豪雨の中を
走るというのには無理があります。

 

なので完全防水とは言えないと思います。
あくまでも簡易防水でしょう。

 

ただし、耐水圧10.000mmあれば
よほどの雨や長時間雨の中にいる
というようなことがなければ問題ないでしょう。

 

冬のお出かけのときひょっとしたら
帰り雨が降るかもというような日は
傘を持つ心配がいらないでしょう。

 

透湿性能も3000g/u24hなので
無いよりはマシ程度に考えておく方が
よさそうです。

 

しかし、よほど激しい運動をしない限りは
十分でしょう。

 

一番残念なのがカラーバリエーションが2色しか
ないということです。

 

カーキーはやはり作業服っぽいイメージが
抜けきれません。

 

実店舗で見ましたがオレンジは
ど派手すぎて着る勇気がでませんでした。

 

しかし、8,800円という1万円を
はるかに下回る低価格でこれだけの
防水・透湿・防寒・軽量・機能があるのは魅力です。

 

 

 

 

ここから購入できます

スタイリッシュでカラフルな防寒着

 

ワークマンのスタイリッシュでカラフルな防寒着
作業着っぽくない所がワークマンぽくないデザインですね。

 

これなら街の中で着ても違和感ありません。

 

ワークマンにしては珍しく5色もそろっています。

 

ただ、防寒着としか表示がないですから
防水機能はありません。

 

あくまでも秋冬用の寒さ対策ですね。

 

雨が降るとき外で行動しないのであれば
カラフルで軽量しかもオシャレなので一着持っていると
便利ですね。

 

価格も三千円台ととてもリーズナブルです。

 

 

ここから購入できます

 

防寒・防水コート

 

丈の長い防寒・防水コートです。

 

お尻の下部あたりまでカバーできるので
暖かさが違います。

 

防水・透湿機能のデーターは
耐水圧/5,000mm
透湿度/2,000gu 24h
となっていますので大したことはありません。

 

防水・透湿機能については
あまり過大な期待は持たないほうが
いいでしょう。

 

しかし、大きなフードが付いているのは安心です。
防水性能がよくてもフードが小さかったりすると
首周りから雨水が浸入してくることがあります。

 

そうなると背中やお腹が極端に
冷えてきます。

 

最悪の場合低体温症になる可能性も
ありますので大変危険です。

 

 

 


 

 

 

同じタイプのズボンは別売です。

 

関連ページ

防寒着ミドラー(中着)
最近ワークマンのウエアにはまっています。今まではエベレストに登山するようなアウトドアウエアを身に着けてアウトドアしてましたがワークマンで十分満足です。
防寒着 インナー(肌着)
最近ワークマンのウエアにはまっています。今まではエベレストに登山するようなアウトドアウエアを身に着けてアウトドアしてましたがワークマンで十分満足です。
防寒手袋・靴下
最近ワークマンのウエアにはまっています。今まではエベレストに登山するようなアウトドアウエアを身に着けてアウトドアしてましたがワークマンで十分満足です。
防寒靴
最近ワークマンのウエアにはまっています。今まではエベレストに登山するようなアウトドアウエアを身に着けてアウトドアしてましたがワークマンで十分満足です。
防寒小物グッズ
最近ワークマンのウエアにはまっています。今まではエベレストに登山するようなアウトドアウエアを身に着けてアウトドアしてましたがワークマンで十分満足です。