ワークマンで十分満足

ワークマンのウエアでアウトドア

完全防水防寒手袋

 

ワークマンの完全防水防寒手袋

 

ネオプレーン素材の完全防水タイプです。

 

潜水するときに着用するウエットスーツの素材ですね。
発砲ゴムなのでかなりの断熱効果があります。

 

指先までキッチリと防水されていますので
冬場の濡れる条件でのアウトドア
や作業には最適です。

 

指先まできっちり覆われているので
細かな作業には向きません。

 

たとえば冬場の釣りで釣り針を結び直す
とかいう繊細な作業には向かないでしょう。

 

その場合は防水タイプでない
指出し手袋に履き替えて
釣り針交換をするといいでしょう。

 

冬場の冷たい風が吹きすさぶ条件では
指先がかじかんで細かな作業ができません。

 

最初から指出しタイプの手袋だと
そこから水が浸み込んで手が冷えてしまいます。

 

通常はこのネオプレーン素材の完全防水手袋で
釣りをしてエサ付とか仕掛け交換・針交換
などの細かい作業のときに面倒でも手袋を
履き替えるという作戦もアリだと思います。

 

釣りの種類にもよりますがこの
ネオプレーン素材の完全防水
で釣り竿の操作とかリールの操作などは
出来ると思います。

 

ただ、気を付けなければいけないのは
釣りの時では釣り針で穴を空けない
ように注意することですね。

 

たとえ釣り針で突き刺したような
小さな穴でも防水効果は
極端になくなってしまいます。

 

コチラから購入できます。

ネオプレーン素材の完全防水

 

ワークマンの完全防水防寒手袋ネオプレーンタイプ

 

ネオプレーンタイプのワーークマンの完全防水防寒手袋です。
ネオプレーンタイプなので保温効果と防水効果に優れています。

 

柔らかくて動かしやすのもありがたいですね。

 

防寒性能のないゴムだけのいわゆる
ゴム手袋は安価でたくさんありますが
動きにくい物が多いように思います。

 

冬場の水仕事・洗車・バイク・釣り・ウインタースポーツ
自転車での通勤通学などには重宝しますね。

 

 

コチラから購入できます。

これはオシャレ?

 

ワークマンの防寒・防水手袋

 

ワークマンのネオプレーンの防寒・防水手袋 カムフラージュ模様です。

 

このカムフラージュ模様うがオシャレなデザインと
思うかどうかは人それぞれでしょうか・・・

 

そこそこ指も動くのでカムフラージュ模様は別として
防寒・防水性能は高性能です。

 

冬のバイクや自転車などにはありがたいですね。

 

指先というのは体の末端ですが
指先が冷えることによる体全体の
冷たさは耐えがたいものです。

 

 

冬の釣り場では指先が濡れるととても寒く感じます。

 

濡れた手袋をそのままつけていると手先から
ジンジンと冷えてきます。

 

私は冬の釣りの時は手袋を複数持っていきます。

 

エサ付などで手袋が濡れる可能性があるときは
面倒でも手袋を脱いでエサ付けします。

 

そして濡れた手を乾いた布でふき取ってから
また手袋を履きます。

 

それでも指先が濡れたら乾いた手袋に
履き替えます。

 

完全防水手袋は当然指先が出ていないので
細かなエサ付などはできません。

 

なので細かなエサ付とか仕掛け交換などの
作業時には指出し手袋に履き替えます。

 

 

私は極端な場合室内でも防寒手袋を
履くことさえあります。

 

冬は指出し手袋をポケットに入れておき
必要に応じて室内でも手袋を使います。

 

冬以外は薄手の作業手袋をポケットに
入れておいて汚れ物を触るときなどに使います。

 

コチラから購入できます。

 

 

鮮やかなカラー

 

ワークマンの防寒防水手袋ネオプレーン製

 

上記紹介の防寒防水手袋ネオプレーン製ですが
色が鮮やかな緑色をしています。
蛍光色みたいに鮮やかなグリーンです。

 

じゃぁ 鮮やかな色がどうしたの?
といわれれば・・・

 

紛失しにくいということになると思います。

 

黒い色は特に夜間に脱いだ時目立ちません。
私は夜釣りで何回も手袋を紛失しました。

 

色はやはり黒か濃い青でした。

 

私は砂利浜で夜釣りをする場合が多いんです。
砂利の色は濃い茶色や灰色系ですが
黒っぽい小物はヘッドライトで照らしても
とても見つけにくいものです。

 

時には自分が歩いて砂利や砂
に埋めてしまうことさへあります。

 

 

手袋を脱がなければなくすことは
まずありませんが・・・

 

私は夜釣りでは用途に合わせて
手袋を別な手袋に履き替えることが多いんです。

 

夜間や早朝など暗いところで
作業する水産関係者にもおすすめです。

 

 

コチラから購入できます。

防寒防水手袋

 

ワークマンの防寒防水手袋

 

 

この防寒防水手袋は細かな作業や
ハードな作業にはむいていないと思いますね。

 

ただ、素材が柔らかめなのでバイクや自転車
などの運転には問題なさそうです。

 

私はやりませんがスキーやスノボなどの
ウインタースポーツにもいいのではないでしょうか。

 

ジョギングやウオーキングにはなんら問題ないですね。

 

水仕事系なら上記のネオプレーン製がいいと思いますが
水仕事以外の防寒・防水対策には値段がやすくて
ありがたいですね。

 

カラーバリエーションが一つしかないのが残念です。

 

コチラから購入できます。

ネオプレーン靴下

 

ネオプレーン製のインナー用靴下です。

 

長靴などの防寒インナーとして履くと
断熱効果が増して防寒対策になります。

 

ただし、厚みがあるので長靴はワンランク
かツーランク大きいサイズを履く必要があります。

 

自分の足のサイズは変えることはできませんからね。

 

一日中床が濡れている職場で立ち仕事
などをする場合にはいいんじゃないでしょうか。

 

 

たとえば、厨房の中での仕事ととか。
漁業関係の仕事とか。

 

そんな環境なら真冬以外の春秋あたりにも
活躍してくれますね。

 

 

コチラから購入できます。

防寒ハイソックス

 

ワークマンの防寒ハイソックス

 

発熱効果のある素材で作られている防寒靴下です。
ハイソックスタイプなのでふくらはぎ部分もまで
防寒効果があります。

 

ワークマンとしては珍しいロゴ入りです。
カラーバリエーションも3色あります。

 

洗い替えで3色そろえたいものです。

 

また編み方も工夫されています。

 

 

コチラから購入できます。

 

唐辛子カプサイシンシリーズの靴下。

 

唐辛子カプサイシンシリーズ
トウガラシ由来成分の温熱効果。

 

 

八甲田雪中行軍遭難事件
映画にもなった新田次郎原作の世界最大級の山岳遭難事故

 

ご存じない方もいると思われますので下記に
ウィキペデアより引用させていただきました。

 

八甲田雪中行軍遭難事件(はっこうだせっちゅうこうぐんそうなんじけん)は、
1902年(明治35年)1月に日本陸軍第8師団の
歩兵第5連隊が青森市街から八甲田山の
田代新湯に向かう雪中行軍の途中で遭難した事件。

 

訓練への参加者210名中199名が死亡
(うち6名は救出後死亡)
するという日本の冬季軍事訓練における
最も多くの死傷者が発生した事故であるとともに、
近代の登山史における世界最大級の山岳遭難事故である。

 

この遭難事件の数少ない弘前第31連隊の
生存者が靴の中に入れていたのが唐辛子なんです。

 

唐辛子が温熱効果があることは明治時代よりはるか
以前から北国では知られていたのです。

 

弘前第31連隊は足の指を油紙で巻き、唐辛子をまぶし、
靴下を3枚履くなどの知識を得て実践していたそうなんです。

 

その唐辛子のカプサイシン成分を応用した
靴下がこのワークマンの特徴的な靴下なんです。

 

コチラから購入できます。

 

発熱素材で暖かい靴下

 

靴下の底部分がパイル生地で暖かい靴下。

 

その特徴は

 

吸湿  イヤなムレを逃がす。
発熱  ポカポカあたたかい。
保温  あたたかさ保つ。
ホールド  長靴の中でずれにくいサポーター付

 

そし足裏にクッション性があります。

 

色は2色しかありませんが
特に見えない部分の靴下
なので問題ありませんね。

 

洗い替えも考えて2色とも揃えておきたいところですね。

 

関連ページ

防寒着(アウター)
最近ワークマンのウエアにはまっています。今まではエベレストに登山するようなアウトドアウエアを身に着けてアウトドアしてましたがワークマンで十分満足です。
防寒着ミドラー(中着)
最近ワークマンのウエアにはまっています。今まではエベレストに登山するようなアウトドアウエアを身に着けてアウトドアしてましたがワークマンで十分満足です。
防寒着 インナー(肌着)
最近ワークマンのウエアにはまっています。今まではエベレストに登山するようなアウトドアウエアを身に着けてアウトドアしてましたがワークマンで十分満足です。