ワークマンで十分満足

ワークマンのウエアでアウトドア

防寒着 インナー

 

 

 

ワークマンの防寒着 インナー(肌着)

 

特徴 機能 

 

裏地が起毛されているので肌触りがいい

 

ハイネックなので暖かさを逃がさない

 

スリムなデザインになっている

 

ストレッチ性能が高いので動きやすい

 

静電気防止素材が使用されている

 

機能の割には低価格

 

などの特徴があります。

 

 

ただ、私の個人的な好き嫌いでいうと
ハイネックが苦手です。

 

なぜかというと運動時体温が上がりすぎて
暑くなってきた場合に首元から体温を逃がせないからです。

 

ハイネックであってもチャックとかボタンで首元が
解放できるタイプならハイネックがありがたいですけどね。

 

ほんとはハイネックを着てみたいという願望は
根強くあります。

 

しかし、上記のようんば理由から私はチョイスしません。

 

ハイネックが好きという人にはとてもいいと思います。

 

私もスリムに着こなしたいなぁ〜

 

コチラから購入できます。

 

 

コンプレッションタイプ

 

ワークマンのコンプレッションタイプの肌着です。

 

コンプレッションとは圧縮という意味があります。

 

余談ですがコンプレッサーといえば圧縮機のことですね。
エアコンに使われています。

 

なのでこの肌着は体を圧縮するタイプです。

 

私はメタボですごくお腹がでているので
コンプレッションタイプはとてもキツイです。

 

Mサイズの体型なのにウエストだけが
LLサイズあります。

 

ズボンでもウエストがきつくて悩むところです。

 

ウエストに合わせてLやLLにすると
丈が長すぎます。

 

アウトドア系のズボンは丈が調整できないので
無理してでもMサイズを選ぶことが多いです。

 

このワークマンのコンプレッションタイプの肌着
厚手でありしかも裏地起毛タイプなので
とても肌さわりがよくて暖かそうです。

 

オレンジのストライプが体型を引き締めて
スタイリッシュなイメージになりますね。

 

 

コチラから購入できます。

防寒着 タイツ

 

 

ワークマンの防寒着 タイツ

 

ワークマンの売りの一つが ストレッチ

 

ワークマンは作業着が根源なので動くことを
大変重要視した作りになっています。

 

なのでファッション重視ではないように感じます。

 

しかし、このタイツはオシャレな3色が揃っています。
肌着なので人前で見せることは通常ではありえないですがね。

 

 

この防寒肌着はストレッチにより筋肉の
揺れを抑えて脚の動きをサポートするとうたわれています。

 

また、裏地も起毛タイプで肌さわりがよく暖かい。

 

これで980円なのですからとてもありがたいですね。
洗い替えも含めて2〜3枚は購入したいところですね。

 

コチラから購入できます。

 

 

防寒下着半袖

 

ワークマンの防寒下着半袖タイプ

 

半袖タイプでVネック仕様です。

 

Vネックで胸元が大きく空いていると
当然体温が逃げてしまいます。

 

首元にはネックウォーマーやマフラー
を併用するといいです。

 

マフラーは暑くなってきたときにすぐに
外すことができるので体温調節にはもってこいです。

 

ただ、外したあとの収納にじゃまになることもあります。

 

ネックウォーマーは暑くなってきたときに
取り外すのがやや面倒です。

 

というのも帽子やメガネを付けているとそれに引っかかったり
することもあります。

 

何度も帽子やメガネをひっかけて落としてしまいまいした。
帽子なら汚れたで済みますがメガネだと破損につながりますので
注意が必要です。

 

なので帽子やメガネをとってからネックウォーマー
を外すことになるから面倒なときがあるんです。

 

寒い時は帽子はできるだけ脱ぎたくないんです。

 

私はネックウォーマーもマフラーも持っていますが
主に小さめのマフラーを多用します。

 

あまり動かないときにはネックウォーマーを使います。
ネックウォーマーは外した時にはかさばらずに
アウターのポケットに楽々収納できるのがいいですね。

 

仕事仲間が100円ショップで買ったフリースの
ネックウォーマーを重宝がっていたので買いましたが
毛玉ができたり伸びてしまったりと耐久性はありませんでした。

 

数回使って2〜3回洗濯して処分しました。

 

今は、ナイキの1000円台のネックウォーマー
を使っていますが肌さわりもよくてコンパクトなので
気にいっています。

 

もちろんワークマンにもたくさんの種類のネックウォーマーがあります。

 

 

Vネックは体温調整しやすいので
私は丸首タイプについで好きなタイプです。

 

苦手なのはハイネックタイプです。
昔はタートルネックと呼んでいました。

 

亀の首に似ていたからなんですけどね。

 

ハイネックでもチャックで前が開けば
体温調節できるのでむしろありがたいですけどね。

 

チャックなしのハイネッくは暑くなりすぎたときに
体温を首周りから逃がしにくいのでうっとうしいです。

 

この半袖タイプでVネック仕様は裏地が起毛されており
肌さわりがよくて暖かいです。

 

機能としては

 

吸湿し発熱。

 

保温性に優れあたたかさ持続。

 

生地の乾燥を抑え、一定の湿度を保つ。

 

毛玉になりにくい。

 

優しい肌あたり。

 

伸縮性に優れ動きらくらく。

 

起毛により柔らかい肌ざわり。

 

 

いわゆる汗冷えせず適度な湿度を保ちながら
乾燥も保ってくれるのでインナーとしては
理想の機能を発揮してくれます。

 

同タイプの丸首です。

 

私はどちらかというと防寒着として使うなら
丸首タイプが好みです。

 

 

 

コチラから購入できます。

 

裏地ボアタイプのタイツ

 

ワークマンの裏ボア極暖仕様のヘビーウェイトタイツ。

 

真冬の屋外では足元からガンガン冷えてきます。

 

防寒コーデネイトとして上着系は

インナー
ミドラー 
アウター 
という風に3段階でコーデネイトすることがほとんどです。

 

中にはミドラーも2枚重ねということもあります。
私は極端な寒がりなのでいつもミドラーは2枚重ねです。

 

さらにダウンベストを追加することも多いのです。

 

しかし、下はというと

下着のパンツ
ロングタイツ 
アウターのパンツ

 

というふうに脚部分はミドラーを省いて
2枚重ねというパターンになることも多いものです。

 

下半身を着重ねると動きにくくなります。
また、用を足すときにとても不便です。

 

なのでミドラーを省くならインナーは厚手のタイプを選びたいものです。

 

一番下に厚手のインナータイツを履いて
ミドラーにも厚手のフリースを履いて
アウターは綿入りでない薄手の
防水。防風タイプを履くというスタイルもオススメです。

 

ここでアウターにも綿入りの厚手を履くと
上記のように動きにくかったり用を足すのが
とても不便だったりします。

 

インナーとアウターの二枚スタイルの場合
ミドラーは一時的にアウターの
役目も考えておくといいですね。

 

たとえば釣りに行くばあい
釣り場に到着するまでの道中は
ミドラースタイルで出かけます。

 

途中で買い物に寄っても恥ずかしくない
程度のデザインのミドラーが必要ですけどね。

 

そして釣り場に付いてから薄手のアウターを
着込んで行動します。

 

 

このワークマンの裏ボア極暖仕様のヘビーウェイトタイツ
はあくまでも肌着タイプのデザインなので
アウターのようには使えませんね。

 

たとえば釣りに行く道中はこのワークマンの
裏ボア極暖仕様のヘビーウェイトタイツの上に
普通のズボンをはいておき釣り場で防水。防風
タイプのアウターと履き替えるというのもアリですね。

 

荷物にはなりますけど車移動なら気になりません。

 

 

コチラから購入できます。

防寒下着上下セット

 

ワークマンの防寒下着上下セット

 

気軽に洗い替えとして持っておきたい防寒下着上下セットです。
値段が上下セットでわずか1,280という低価格でです。

 

機能もストレッチ発熱という2つに絞っています。

 

 

2018年1月後半記録的な寒波が居座っています。
関東でも積雪が多く交通機関も大きな
影響を受けているようです。

 

アウトドアでなくても防寒対策は必要かと思います。

 

私は田舎暮らしですが大都会でも
防寒対策が必要かなと感じました。

 

建物内は暖房が利いていると
思いますが一歩外に出たら真冬です。

 

テレビで大都会の積雪の様子が繰り返し
放送されていました。

 

なので大都会の普段の生活でも
ある程度の防寒対策は必要ではないか
と田舎者は思うわけです。

 

たとえばスーツをびしっと決めている
ビジネスマンではアウターはスーツと決まっています。

 

防寒対策をするにはスーツの上に
コートを着るというスタイルになると思われます。

 

そんな時でもある程度防寒対策の
ある下着を着こんでいるとかなりの
寒さ対策になると思われます。

 

普段は暖房の利いた屋内でビジネスをしていても
建物か出たときの寒さに耐えられるかどうかは
ある程度下着の性能でカバーできるのではと思います。

 

暖房と屋外という温度差は体に大きな
負担をかけてしまうのではと思われます。

 

防寒下着を幾つか持っておけば安心だと思います。

 

コチラから購入できます。

 

 

 

関連ページ

防寒着(アウター)
最近ワークマンのウエアにはまっています。今まではエベレストに登山するようなアウトドアウエアを身に着けてアウトドアしてましたがワークマンで十分満足です。
防寒着ミドラー(中着)
最近ワークマンのウエアにはまっています。今まではエベレストに登山するようなアウトドアウエアを身に着けてアウトドアしてましたがワークマンで十分満足です。
防寒手袋・靴下
最近ワークマンのウエアにはまっています。今まではエベレストに登山するようなアウトドアウエアを身に着けてアウトドアしてましたがワークマンで十分満足です。