ワークマンのアウター

ワークマンのウエアでアウトドア

ワークマンの高級カッパ

 

ワークマンの扱う中でも最高級の価格帯のカッパ。

 

スペックを見ると

 

耐水圧/30,000mm
透湿度/16,000g/u 24h
素材/3層ミニリップ ナイロン100%
止水ファスナー

 

ということですからゴアテックスとなんら遜色がないですね。

 

本格的なレインウエアといえますね。

 

これならバイクで雨の中を走行しても漏れないでしょう。

 

また、雨の中でのアウトドア、釣り、なども余裕です。

 

上着だけでこの値段ですから自信ありの商品でしょう。

 

 

パンツもそこそこのお値段がしますね。
上下別売となっていますが買うなら
上下揃えて買いたいものですね。

 

 

 

この上下があればあとは
防水の手袋と防水の靴があれば完璧ですね。

ワークマンの軽いカッパ

 

 

ワークマンの軽いカッパ

 

ワークマンの軽いカッパです。

 

防水度や透湿度のレベルはかなり低いです。
メインのカッパとして使うにはちょっぴり心もとないです。

 

しかし、とにかく軽いので予備のカッパとか
いざとピう時のためのカッパとして持っておくのは
いいのではないかと思います。

 

透湿機能の全くないカッパだと
どうしても汗の蒸れにより内部が冷たく感じます。

 

ほんの少しの機能ですが透湿性があるのはありがたいですね。
ただし、激しく汗をかくようだと透湿性が追いつかないかも知れません。

 

この性能ではライダーには向かないと思いますが
収納スペースの限られているバイクに
いざというときのために常備しておく
にはちょうどいいのかも知れません。

 

 

ワークマンの欠点の一つとして
カラーバリエーションが少ない
というのがあります。

 

このカッパもグリーンとブラックの
2種類しかありません。

 

その分コストダウンを図っているのだと思われます。

 

私はワークマンにオシャレ度を求めてはいません。
機能とコストを求めています。

 

なので自分のサイズさえあれば
それで十分です。

 

ただし、最近は極力黒色を避けています。

 

理由は黒は目立たないので夜間の
交通事故とかが怖いというのもあります。

 

それから黒いカッパ系はすでにたくさん持っています。

カッパ レデース

 

 

ワークマンはカッパ系が安くてそこそこの性能が
あり人気が高まってきています。

 

オシャレ度はイマイチかも知れませんがレデースもあります。

 

カラーバリエーションは3種類ですが
ピンクやブルーの色がきれいです。

 

女性でも自転車通学や通勤のいう
人もたくさんいるかと思います。

 

耐水圧:5,000mmと防水度はイマイチですが
透湿度:2,000g/u 24hがあるのでカッパ内に
汗もこもりにくいので自転車にはいいと思います。

 

バイクには性能不足ですけどね。

 

あ 反射材もついているので夜間でも安心です。

 

関連ページ

ワークマンの防寒着
最近ワークマンのウエアにはまっています。今まではエベレストに登山するようなアウトドアウエアを身に着けてアウトドアしてましたがワークマンで十分満足です。